親子

ベビー布団で安全な睡眠を与える|快適スリープの秘訣

赤ちゃん寝具の必要性

乳児

眠りにつく環境が大切

赤ん坊の仕事の一部が深い眠りになります。1日の大部分を生活するベビー布団ではありますが、赤ん坊が気持ちの良い睡眠がとれるか否かはベビー布団の仕上がり具合に掛かっています。出産して時間が経っていない赤ん坊は1日あたりおおむね20時間、そして出生後3か月の赤ん坊でもおおむね15時間は安眠しています。 赤ん坊の深い眠りのクォリティーは、1日についてのほとんどすべての時間を過ごすことになるベビー布団で確定されるといっても過言ではありません。ですから、保護者が赤ん坊が居心地良く寝ることができる周辺環境を作り上げてあげることが非常に大切になってきいます。そうすることによって、健康的に赤ん坊を育てることができます。

具体的な特徴

ベビー布団は軽量なのが特徴のひとつです。 大人に適した羽毛布団においても、赤ん坊にとっては相当の重量になります。 材料が大人用と同じであったとしても、大きさが小さいことから、赤ん坊にとって重くならないと言えます。 さらに、大人に適した敷き布団は、ソフトな素材が活用されていることもありますが、赤ん坊の敷き布団はかために作ってあります。 仮に赤ん坊がうつ伏せで寝ると、鼻もしくは口が敷き布団に埋もれて、窒息の事が在り得るからです。 加えて、布団は赤ん坊の素肌にダイレクトに触れます。 大人の布団は、赤ん坊にとっては好ましくない材料が活用されている可能性が高くありますので、オーガニック素材等、弱々しい赤ちゃんの素肌を傷めない材料が適用されています。