親子

ベビー布団で安全な睡眠を与える|快適スリープの秘訣

赤ちゃん寝具の基礎知識

ベイビー

安全面でも効果的

ベビー布団はどうしても必要なのかと疑いの目で見るお母さんも多く見られますが、実際のところ、非常に多くの体験済みのお母さんが、ベビー布団は有ったほうがすばらしいと返答しています。これについては、添い寝していて、赤ん坊に当たってしまうかもしれないということで不安を抱えていたり、お母さんが眠りに就いている時に、布団が赤ん坊の顔面にかかることを防ぎたいという理由など、いろいろあります。現実的に安全面から赤ん坊はベビー布団で眠りに就いたほうがいいと希望されるお母さんが少なくありません。現実的に、大人に適した掛け布団は、赤ん坊には重すぎるので、赤ん坊の身体の動きを阻止するのに加えて、窒息の可能性も考えられます。

選考方法

ベビー布団選びで、覚えておいてほしいことは、硬めのマットを選考することになります。赤ん坊の骨などは、まだ発達する途上ですので、ソフトなマットや布団であれば、身体が沈んでしまう時も、あるといわれています。その為に、背骨もしくは関節が、変形してしまうこともあり得ます。硬めのタイプを選択して、赤ん坊の成長を、フォローしてあげましょう。加えて赤ん坊の素肌はとても繊細になります。素肌にダイレクトに接触するシーツ、や布団カバーは、赤ん坊の素肌へのダメージを与えない、刺激の少ない材料を、選んであげた方が、良いといえます。敏感な素肌の赤ん坊にも利用できる、オーガニックコットンが、そのなかでも評判が良いといえます。